【当てコツ】懸賞知恵袋の質問:こと懸賞に限らず、何かあらゆる場面でいわゆる「引きが弱い」人のようで様々な点でちょっとずつ損をしている気がします。「引きが強い」人になるのに何か良い方法はないでしょうか。… こと懸賞に限らず、何かあらゆる場面でいわゆる「引きが弱い」人のようで様々な点でちょっとずつ損をしている気がします。「引きが強い」人になるのに何か良い方法はないでしょうか。
  • 当てコツ 懸賞ボックス

『懸賞攻略本『当てコツ』シリーズ発の懸賞達人アイドルグループ・ラッキーズ。海外旅行や車、最新家電、現金・金券など、当てまくりッ!』懸賞の達人・ラッキーズの紹介

  • めぐめぐの画像
    • ラッキーズ
    • めぐめぐ
    • 当選総額1500万
  • みきてぃの画像
    • ラッキーズ
    • みきてぃ
    • 当選総額1300万
  • わこの画像
    • ラッキーズ
    • わこ
    • 当選総額1000万
  • ねこやんの画像
    • ラッキーズ
    • ねこやん
    • 当選総額1000万
  • あいぴの画像
    • ラッキーズ
    • あいぴ
    • 当選総額1000万
  • 懸賞攻略本2冊同時発売!!
  • 懸賞なび
  • 喜びの声
  • 当選者発表
  • ナンプレ懸賞
  • クロスワード懸賞
  • 日替わり懸賞
  • お宝懸賞
  • 情報投稿
懸賞の達人紹介
  • 2020/10/02 04:38 クライスト男爵さんの質問
  • こと懸賞に限らず、何かあらゆる場面でいわゆる「引きが弱い」人のようで様々な点でちょっとずつ損をしている気がします。「引きが強い」人になるのに何か良い方法はないでしょうか。

めぐめぐの画像
めぐめぐによる回答

  • 2020/10/24 02:54
  • クライスト男爵さん、ご質問ありがとうございます。

    皆が当たる当たるというキャンペーンに落選するなど、私も引きが悪いことが多々あります。

    私の場合ですが、引きの悪さを、応募数と継続性でカバーするようにしています。

    私のスタイルを紹介すると、あまり1つ1つのキャンぺーンに思い入れをせずに、当たろうが外れようが、とにかく淡々と、応募を続けています。

    1枚1枚のクオリティーよりも、継続して行う力の方に力点を置いています。 

    例えば当選確率が1%だとすると、100回目の応募で当選することもあれば1000回目の応募で初めて当選し、それから当選が続くということもあります。 

    いつか当たるはずと思い、チャレンジし続けことを大切にしています。 

    ご参考になれば幸いです。

あいぴの画像
あいぴによる回答

  • 2020/10/02 23:24
  • クライスト男爵さん、どうもありがとうございます。

    「運」についての研究は、非常に多いのですが
    その中でも「運と思考はつながっている」というものを
    ワタシは支持しています。

    それは、どういうことか・・・?

    「運が悪い」と思っている(口にしている、書いている)人は
    『そう思い込んでいるが故』 物事を「不幸」「不運」に認定しているという訳です。

    たとえば、道を歩いていて カラスのフンが直撃したとします。

    この「事実」を どう判断しますか?

    ワタシなら「歩いているワタシと、カラスのフンが落ちてくる絶妙なタイミング・・・!
    フンだけに ツイてるな!!!」と
    素直に思えるのです。(不思議。。)

    そして、「キモいネタができたから、人に笑ってもらおう♪」とつなげます。

    もし、「ちょっと損」をしているのであれば
    「じゃ、このあと 大当たりネ♪」と思えるのが
    達人マインド。。

    この質問が採用されただけでも「引きが強い」と思いますよ?
    (厳選して決めているそうなので。。)

    心配ありません!^^

クライスト男爵さんのコメント 2020/10/05 04:52
ご回答ありがとうございます。
いつも、例えば懸賞なら「当たったらこうしよう、ああしよう」と発表までは楽しい気持ちでいられるんですけど、どれもなかなか結果に結びつかなくて。

>(厳選して決めているそうなので。。)

本当ですか!?(笑)
だったら少しは「引きが強い」のかな。
できれば次はもうちょっと強い引きが来ればいいなぁ。

ぴろりの画像
ぴろりによる回答

  • 2020/10/02 19:09
  • クライスト男爵さん、こんにちは~♪


    何かあらゆる場面でいわゆる「引きが弱い」人のようで様々な点でちょっとずつ損をしている気がする。。。とのことですが、、、


    クライスト男爵さんは、そのために懸賞に当たりにくい!と感じているのでしょうか?




    若輩者のぴろりですが、僭越ながらあえて言わせていただきます。。。


    クライスト男爵さんのその考え、、、ずばり!気のせいですっ!


    世の中には、「引きが弱い」人も「引きが強い」人も、確かに存在するとは思いますが、、、決して多くはないと思います。


    ほとんどの場合、「私は引きが弱い」と思い込んでいるから、悪いことがあったときに「やっぱり私は引きが弱い…何をやってもダメなんだ…」と結論付けたり、「オラは引きが強い」と思い込んでいるから、いいことがあったときに「だよね! オラは引きが強くて最強!」って前向きになれたりするのではないでしょうか。


    つまり、気の持ちようですよ!


    クライスト男爵さんは、本当は「引きが弱い」人ではないのでかもしれません。


    ご自分で、そう思い込んでいるだけではないですか?




    どうせ気のせいなら、「私は引きが強い!」と思い込んだほうが、人生が楽しいはずです♪





    昨年発売された『懸賞 当てるコツ&裏ワザ100Vol.3』では、2年間で7回も海外旅行に当選した懸賞達人さんが、心をクリアにし、イマジネーションのチカラで高額当選する方法を解説してくださっています。


    まさにクライスト男爵さんが抱いているお悩みに対する回答にも答えてくださっていますので、ぜひチェックしてくださいね!

    電子書籍でオトクに読めます)

クライスト男爵さんのコメント 2020/10/05 04:50
ご回答ありがとうございます。
いつも、例えば懸賞なら「当たったらこうしよう、ああしよう」と発表までは楽しい気持ちでいられるんですけど、どれもなかなか結果に結びつかなくて。
それでも、「ここまでやってこれただけでも儲けもの、運がいい」と思っていた方が精神衛生面だけでも良さそうですね。