• 当てコツ 懸賞ボックス

『懸賞攻略本『当てコツ』シリーズ発の懸賞達人アイドルグループ・ラッキーズ。海外旅行や車、最新家電、現金・金券など、当てまくりッ!』懸賞の達人・ラッキーズの紹介

  • めぐめぐの画像
    • ラッキーズ
    • めぐめぐ
    • 当選総額1500万
  • みきてぃの画像
    • ラッキーズ
    • みきてぃ
    • 当選総額1300万
  • わこの画像
    • ラッキーズ
    • わこ
    • 当選総額1000万
  • ねこやんの画像
    • ラッキーズ
    • ねこやん
    • 当選総額1000万
  • あいぴの画像
    • ラッキーズ
    • あいぴ
    • 当選総額1000万
  • 懸賞なび
  • 喜びの声
  • 当選者発表
  • ナンプレ懸賞
  • クロスワード懸賞
  • 日替わり懸賞
  • お宝懸賞
  • 情報投稿
懸賞の達人紹介
  • 2019/12/03 16:06 かとチャン3さんの質問
  • 懸賞は1日何時間までとか何件までやると決めていますか?

    達人の方によっては1日100件以上応募されている方もいるようですが…。

    色々な方達の意見を参考にしてますが、どれがいいのか分からないです(・・;)

南の画像
による回答

  • 2019/12/04 12:25
  • かとチャン3さん☆

    皆さんがおっしゃっている通り、皆さんそれぞれ生活リズムが違うので

    たくさん時間を取れる方もいれば、ちょっとの時間で楽しんでいる方も

    いらっしゃると思います^^

    達人の方たちもみんな、3ヵ月くらいで今のように

    当たるようになったわけではたくさんないと思いますし、

    あまり無理されると続かなくて、懸賞が楽しくなくなってしまうので、

    自分のできる範囲、そして楽しめる範囲で、

    長く続けていくことのほうが絶対に重要です!

    私は、漫画を読んだりゲームしたりすることも好きで、

    懸賞に1日1時間とかかけていられないので、

    手間かかる懸賞とかはスルーしちゃったりもします!


あいぴの画像
あいぴによる回答

  • 2019/12/04 00:49
  • かとチャン3さん、ありがとうございます。


    ワタシ自身は、あまり『決まり』を設けていません。

    応募するときは、ハガキを1日30枚書いたり

    はたまた 全然触れなかったり。。


    いろいろな懸賞達人がいます。

    生活リズムも、職業もバラバラです。


    目指したい「達人像」がいるならマネてみるのが近道でしょう。


    ちなみに、ワタシの周りの「ガチ達人さん」は

    月300件応募が多いです(^^;

めぐめぐの画像
めぐめぐによる回答

  • 2019/12/03 23:07
  • かとチャン3さん、ご質問ありがとうございます。

    私自身、時間を決めて懸賞に集中したいと思っているのですが、1歳と4歳の娘と一緒に過ごしていると、子供優先となり、予定通りにはなかなかいきません。

    子供が寝静まってからや早朝の起きる前の時間など、隙間時間を活用しています。

    私は5分以内に1枚の応募はがきを作成するので、1時間ほど時間が取れれば、12枚は書くことができます。

    この他に、SNS懸賞などを隙間時間に行っているのが現状です。

    過去に、「子育てをしながらも多くの懸賞はがきを書く秘訣を教えて下さい。~うさぎでも分かる懸賞当選教室case2~ 」というブログを書きました。

    ご質問の回答に内容が近いブログかと思います。

    こちらもご参考になれば幸いです。

ぴろりの画像
ぴろりによる回答

  • 2019/12/03 17:32
  • かとチャン3さん、こんにちは☆


    ご質問の件ですが、最終目標をどこに設定しているかによって、懸賞と向き合うスタンスは変わってくるかと思います。


    「1カ月に20個以上、当てたい!」「懸賞を極めたい!」「懸賞達人になりたい!」という強い気持ちをお持ちなのであれば、「1日何時間とか何件とか、必ず応募する!」と、ご自分にノルマを課して毎日必ず応募し続けるほうがよいかと思います。


    懸賞は応募すればするほど当選のチャンスが広がりますし、努力は実を結ぶからです。


    でも、「1カ月に5件程度当たるくらいで満足♪」というのであれば、応募するペースはもっと落として、気楽に取り組んでもよいかと思います。


    いずれにしても、とにかく応募しないことには当選するチャンスはないので、最初の数カ月はハガキの懸賞もネットの懸賞も、ご自分の時間が許す限り、がんばって応募してみてはいかがでしょうか。


    ( ◠‿◠ )